So-net無料ブログ作成
検索選択

ファー・ブルトン [焼き菓子]

フランスに古くから伝わると言う「ファー・ブルトン」を作りました。

←中にプルーンが入っていて、食感はモチッとしている感じの、なんとも懐かしいような食べ物です。

温かいままで食べる時は、バターを付けて食べるとおいしいそうです。

冷やした場合は、粉糖をふりかけて~~

 

教室で習ったのですが、あまりの簡単さとおいしさとに、珍しく、すぐ復習もしちゃいました(笑)

少し大きめのものと、ココット型で焼いたものです。型が小さいと、モチッとした部分が少ないので、食べる時に結構悲しかったので、次回からは大きな型で作って、切り分けて食べようと思いました。

こういうことで、少しずつ学んでいくんですよね~~(笑)

そうそう、上にはアーモンドスライスもたっぷり乗せてみました アーモンド、なかなかおいしいです たまたま??冷蔵庫にあったんですよね~~  なかなか減りません。。。(笑)

次に私と会う友達は、多分これを手にする事でしょう~

 


抹茶ッチャ♪ [焼き菓子]

「ルレ・テ・ヴェール(抹茶のロールケーキ)」を作りました。

 ←今回使った小豆です。

この小豆は初めてです。 水分を飛ばしたそのままの甘さで使用しました。

抹茶と小豆って、これまたおいしい組合せです♪

生クリームも、何とも言えません!!(*^_^*)

スポンジも、しっとりしていておいしかったので、早速お家で作ってみよう!と思ったのですが、あいにく、ロールケーキの生地用の鉄板が無いため、ロール荷はせずに、重ねるケーキにしてみました。

・・・イルプルみたいに、スポンジを薄く切ってクルクル巻けば良かったんですけど、継ぎはぎしないで一枚で作ってみたかったんですよ。。。(^^ゞ

←妹が生クリームの泡立てを手伝ってくれました。

が、OKの合図を出し忘れちゃったら、ボソボソに。。。(/_;)

一応、一番上はバナナと生クリームです。 タッパーの中に重ねて作ってみました。 かなりの厚さで、ものすごいボリューム!(笑)

←これは、去年教室で作った「ケーク・オ・テ・ヴェール(抹茶のシフォンケーキ)」です。

抹茶なので、載せてみました(笑)

このシフォンは、私の初・シフォン!! 作り方もシンプルだったので、お家での復習第一号にもなりました~~

それから少しずつ、他のケーキも家で作るようになったんですよね、そういえば。

抹茶は私の原点??なのかしら。。。(^o^)


マスカットのタルト【イル・プル】 [タルト・パイ]

夏の間、イルプルがお休みで悲しい。。。って思っていたのも束の間。

先月教室が再開されたと思ったら、もう10月です。

早すぎる

でもって、明後日はまたまたイルプルです。

このタルトは、9月に教室が再開された時に作った「タルト・レザン」です。

 ←この断面図は分かりづらいですが、

中にマスカットが入ってます。タルト表面はアーモンドが♪

←先生の焼き上がり

仕上げにた~~~ぷりと粉糖を。

中のマスカットは皮を剥き、中の種を取り出した後、甘口の白ワインに付けておきます。この、マスカットを取り出した後のワインが、またまたおいしい

味見のつもりが、結構いけちゃいました(笑)

←私の作ったタルトです。

お持ち帰り用の箱に入れたところです。今回はクリームとか付いてないから持ち帰りやすくてよかった~~

きれいなままお家に持って帰る事ができ、おいしく頂く事ができました!

 

そうそう、友達に写真見せたら、「きゅうりのタルト??」と言われてしまいました。  おいおい。。。(/_;)

確かに色は似ているけど、「きゅうり」はナイダロウ!(笑)

その人はきゅうりが嫌いな人だったのですが、わたしだってそんなの食べたかないやい(笑)

やっぱ、似ているかしら???


いつの話しだか・・・りんごのタルトたち。 [タルト・パイ]

お久し振りです。

すっかり秋になってしまいました 9月も終わろうとしています。

仕事や習い事がとっても忙しくなってしまい、それを言い訳にかなり長い間、ゴブサタしちゃいました・・・ (来週は強制残業ウィークなんです~~)

みなさんに忘れられてしまっていたらドウシヨウ・・・

結構ドキドキです

 

こんなに更新するのが遅くなってしまったのに、お菓子だけは毎週作ってました(笑) 写真が沢山あることはあるのですが、一体、いつ作ったものなんだろう??? そして、なんのお菓子なんだろう・・・(笑)

分かるモノから少しずつ載せていこうと思います。

そうそう、今月からまたまたイル・プルの授業も再開しました♪ やっぱり楽しいです。

で、まずは、「りんごのタルト♪」

これ、ものすごく評判良かったです!!

たかこさんのレシピなんですけど、このタルト、タルト生地を作り、焼かないで型にセットしたまま中に入れるアーモンドクリームやりんごを入れ、いっぺんに焼いてしまうのです!

レシピを何度も読み直してみたのですが、どんなに読み直しても、いっぺんに焼いちゃうんですよね。

それでタルトになるのかどうか、結構ドキドキしたのですが、これがまた、ビックリ!!

タルトなんです!(笑) 

りんごはカラメルりんごしちゃいました。 

激・うまです!

タルト生地2個分の材料が載っていたので、そのままの量を作ったのですが、家族から同じ物をすぐリクエストされ、2回作った思い出があります(笑)

 

クリームチーズとポピーシードのマフィン」です。

クリームチーズが余っていたので作ってみたのですが。。。いつの話しだろう。。。(笑)

チーズの塩っぽさ??が程よく、おいしかったです。

「紅茶のケーキ」です。

パウンド型で焼いたもの(左)と、マフィン型で焼いたもの(右)です。

マフィン型の方は、仕上げにみかんのジャムを塗ってみました。

紅茶とオレンジって、合いますよね♪

 

まだまだ作ったのですが、今、サーバー混みあっているみたいで、すっごく調子悪いので今回はこの辺りまでで。。。

涼しくなってきましたので、みなさま、体調にお気をつけくださいませ☆

 

今回参考にしたレシピ本


マンゴーとパッションフルーツのムース [ムース・バヴァロア]

今月は、イル・プルの授業がお休みなので、結構サミシイ・・・

そんな時、近所のホテルフランス菓子教室が行われるとの記事を見つけ、早速参加してみました。

リーガロイヤルホテル・東京のシェフパティシエに教えてもらう「ロン・ジョンヌ」です♪

←作った後は、ホテルの箱に入れてくれました。

ホテルで売っているのと同じなんですって(>_<)

 ←一番下は、ココナッツのビスキュイ。

真ん中にある、オレンジのジュレをマンゴーパッションフルーツのムースでサンドしてます。

表面はナパージュでつやつや♪

 ←外側は、ビスキュイではなく、うすーくしたジェノワーズです。

鉄板に食紅で模様を描き、その上にジェノワーズ生地を流し込んで焼いてました。焼きあがるときれいな模様がジェノワーズの表面に付いて、それだけで「売り物」みたいになります。

 ←幸せな、試食の時間♪

作った「ロン・ジョンヌ」の他に、ホテルのお菓子が色々と。。。ソルベとかも出たんですよ~~♪

しかも、しっかりお代わりまでしちゃいました、私(笑)(^^ゞ

 

ココのホテルのシェフパティシエは、韓国人のジョン・ホンヨンさんで、以前テレビチャンピオンにも出場されたとか。。。

がっちりとした体格の方で、ダイナミックに繊細なお菓子を作ってらっしゃいました。だって、50cm以上もあるボウルを軽々と使っているんだけど、先生が持つと、そのサイズが一般家庭用のサイズに見えるんだもの・・・

で、たまにそのボウルをヒョイッて渡されて、「混ぜてください」とおっしゃるのですが、ゴムベラも大きくて使い慣れないので、難しい難しい・・・(-_-;)

今まで、こんなにダイナミックな先生を見たことが無かったので、すっごくビックリしました。

 

でも、なんだか楽しかったので、また機会があったら参加してみたいかも~~(笑)

 


レアチーズケーキ フランボワーズ【イル・プル】 [チーズ]

先日教室で作った「レアチーズケーキ」です。

間にフランボワーズの層があります。

すっかり更新するのが遅れてしまいました・・・ 先月から習い事を新しく始めたら、色々忙しくなってしまい、週末にお菓子を作ってもブログできなかったのです。

なので、このケーキは、さおちゃんは分かると思いますが(笑)、もうかれこれ、2週間以上は昔の話です

で、一生懸命??ルセットゥを見ながらがんばって思い出してます(笑)

 このケーキの底生地は、「パートゥ・シュクレ」でなってます。前回ピーチのチーズケーキを作った時は、グラハムクラッカーが無くて、底生地が無い状態で作ってみたんですが、レアチーズケーキと言ったら、てっきり、「クラッカー砕いた物系」になるのかと思ってました。

なので、出来上がりは、とてもさくさくした食感も楽しめて、なかなかおいしかったです

でも、切るのが大変・・・かたいんだモノ(笑)

  

ちょっと、チャレンジャーしてみました・・・

誰が見ても分かると思いますが、左がもちろん先生が作ったもの。右が私です。

何で私の方がアップかというと、さかさまの状態で底生地にフランボワーズを塗り本体を合わせて、元に戻したら、底生地がずれてしまい、その分、周りに塗った生クリームがきれいにつかず、モノスゴイ事になってしまったからなのでした・・・(T_T)

この後、専用の容器に入れてお持ち帰り~~~

気を付けて持ち帰ったはずなのに、家に帰って容器を開けてみたら、底生地のパートゥ・シュクレが真っ二つに割れてしまい、本体までもがでろ~~~~ってなってしまって、全然原形を留めてませんでした・・・ あまりの無残な姿にビックリして、奇声をあげてしまいました。。。

ご近所の方、夜中にスミマセン

 

このケーキを作る時は、出来上がっているパートゥ・シュクレを使用したのですが、一応自分たちでも生地を作り、作ったものはお持ち帰りしました。

先生は、その生地でまた作ってくださいね。と言っていましたが・・・

ものすごい量のクッキーとなりました(笑)

もちろん、これはそのほ~~んの一部です。

2段式のオーブンで2回焼けたもの~~

会社でいつもお世話になっている両隣の人におすそ分け なかなか好評でした。


シュワシュワ~☆ 白ワインのムース [ムース・バヴァロア]

ちょっと「大人」なデザートです。

「ムース・オ・ヴァン・ブラン」

クレーム・アングレーズにゼラチンと白ワイン生クリームを入れ、メレンゲを合わせ、冷やしたものです。

すっごくシュワシュワ~~~っとしていて、ほんのり白ワインが効いていて、夏にピッタリ!! シュワシュワ加減が、シャンパンみたいに思えちゃいます。

 

ソースは、コンフィチュールを白ワインでのばし、加熱して作ったものです。

手前は「三宝柑」、奥は「スリーズ・グリオット」です。 2つの味で更に楽しめました。

白ワインの代わりに、梅酒とかで作ってもおいしそうなんでは??と思い、今度他のお酒で作ってみたいと思いました。色々楽しめそうなので、おもしろそうです。


ダブル・りんごのケーキ、そして・・・ [焼き菓子]

今日で3連休が終わってしまいます。

今回は色々予定もあったのですが、親戚のお葬式があり、プライベートな予定は急遽キャンセルとなりました(当たり前なんだけど・・・)

3連休初日は、待ちに待ったオニューなオーブンが届く日ーーー♪

何を作ろうか、オーブンを買った時から色々考えていたんです。 やっぱり、オーブン使いたいので、焼き菓子~~~

届いてから、早速バターを混ぜ混ぜ・・・

最近出回ってきている「りんご」を使ってみる事にしました

   

「りんごのしっとりケーキ」です。

本によると本当は、りんごとサツマイモを入れる事になっているのですが、りんごオンリーで作ってみました(笑) りんごの程よい酸味が、食欲そそってくれちゃいます(笑)

ちなみにりんごは「ふじ」です。 

も~~~~、オーブン、最初からいい感じなんですけど!! 買い換えて大正解です♪

 

調子に乗って、またまたりんご(笑)

←「りんごのカントリーケーキ」です。

パッと見、上の「しっとりケーキ」と変わりが無く見えますが、こちらは薄力粉とアーモンドパウダーが各100gずつ入ってます。 他の配分は、バター 130g、グラニュー糖 140g・・・等 です。

りんごにはラム酒をかけて置いておくので、また全然違った風味です。

ホクホクしていておいしいんですけど~~~

 

で、更に作ってみました!(笑)→

「スフレ風ベイクドチーズケーキ」♪

以前、ケーキ型の大きさを間違えて、悲しかったので、ちゃんと量りましたよーー(>_<)

量ってみたら、あまりの小ささにビックリ!!

最近大きな型を使う事が多かったので、16cmがとても小さく感じます。  しかも、「スフレ風」なので、すぐ食べ終わっちゃうんですけど・・・(;_;)   

しっとりしていて、メチャクチャおいしーーー!!と思えるだけに、もっと思う存分食べたかった・・・

味をなじませる為、作った翌日に食べました♪ひんやりしているし、夏にもピッタリです。

 

そしてそして・・・

 ←「プレーンパウンドケーキ」のチョコ入り♪

 すごくしっとりしてます~~

タマゴが別立てなので、フワフワ~~なんです。  パウンドケーキを作る時のレシピは共立てが多いので、別立てのパウンドは初めて作ったのですが、こんなに違うんですね!!

以前、上のパウンドのチョコが入ってないのを作ったのですが、上手くいかなかったんですよ・・・

←失敗してしまったケーキ。

失敗してしまったのは、オーブンのせいになってます(笑)  形がイビツなのは、プレゼント用にと思い、紙の型で焼いてみたら、横に広がってしまったのです・・・(T_T)

こんな事もあるのですね。。。

味は、と~~ってもいいんですよ♪でも、半分焦げてるし、形が・・・

これから失敗しちゃっても、もうこの言い訳は通用しなくなってしまう・・・ 

ちょっと残念かも。

 

オーブンの焼き加減が調子いいので、思ったよりもケーキ作っちゃいました。 お葬式もあり、妹夫婦が泊まりに来ていたりして、みんなの分の食事を作ったりもしたので、疲れた~~~~(^_^;)

これからゆっくり休みま~~す。 

 

今回参考にしたレシピ本

こんがり、焼き菓子のシンプルレシピ―神戸で生まれた手作りの味は、だれもが好きなほっとするおいしさ

こんがり、焼き菓子のシンプルレシピ―神戸で生まれた手作りの味は、だれもが好きなほっとするおいしさ

  • 作者: 上田 悦子
  • 出版社/メーカー: 学研
  • 発売日: 2002/10
  • メディア: 単行本


シャルロットゥ・ポワール【イル・プル】 [洋ナシ]

イル・プル風『シャルロット・ポワール』です。

去年もう1つ別に習っている教室で作った時は、上の部分に洋ナシを花びらのように飾りつけしたのですが、イルプルのは、なんだかどこかで見たような仕上がり・・・

前回作った『ムース・ココ』に似てるんですけど。外観が。。。(笑)

洋ナシのババロアを、ビスキュイ・ア・ラ・キュイエールで囲んでいる感じなのですが、前回、ビスキュイを搾り出すのが上手くいき、先生にもちょ~~っと褒められたのでいい気になっていたら、このフタの部分!!

メチャクチャ難しい!!

  やっぱり、先生がやると、美しい!!

リズムに乗って、「あっ」と言う間に周りの部分とフタの部分、作っちゃいました。

みんなでタメイキ

 

ババロアの中にはビスキュイは入っていなく、間に洋ナシで層を作ってます。

冷たくって、洋ナシもシャリシャリして、メチャクチャ「夏」のデザートです♪

 

ちなみに、私が作った シャルロット・ポワールは・・・

 ブサイクで、お見苦しい写真でスミマセン。

フタの部分、がんばって搾り出してみたのですが、隙間がたくさん明いてしまいました。少しの隙間なら、焼くと繋がると言われたのですが、結構大きな隙間(隙間って言うのかな・・・???)だったので、隙間埋めちゃったんですよね、私。。。

ものすごくイビツです。

お菓子って難しいなぁ~~~(T_T)


とろける夏の、生チョコバナナケーキ [チョコ]

チョコ、だぁいすき~~~~

と、言う事で、バナナがた~~~っぷり入った『バナナの生チョコケーキ』を作ってみました。

ゴツゴツ。。。

ものすごい風貌です(笑)

一応、これでも生チョコのケーキなんです。

ケーキがゆがんでいます・・・

チョコと生クリームをレンチでチンしてクリーム状にし、別に泡立てておいた生クリームと混ぜ、用意しておいたセルクルの中へ。

 ←底に敷いたのは、このクラッカーです。cuocaの店員さんに、グラハムクラッカーの代わりに紹介されたものです。

途中、バナナを敷き詰め、またチョコのクリームをセルクルに流し込みます。

その時点から、クリームが足りないもよう・・・(笑)

バナナがきちんと隠れないうちに、クリームが終わってしまいました

 

その時、やっと気付きました。

レシピよりも、私のセルクルの方が大きかったと言う事に。。。

ま~~た、やっちゃいました(涙)

 

なので、早速応急処置を。

オーブンでローストしたダイスカットのアーモンドを一面に乗せてみましたほぼ平らな状態になるまで、使うこと使うこと(笑)  香ばしい香りがいい感じ♪

そのまま冷蔵庫で冷やす事、3時間以上!!  仕上げにココアパウダーをはらりはらり・・・

イマイチ固まりが悪く、切った時にゆがんでしまいました・・・

 ←試食時、ちょっと食べただけなのに、すぐ溶けちゃうの。もっと冷やさないといけないようです。

でも、バナナがゴロゴロ入っていて、かなり濃厚!!

 

そうそう、それから更に5時間後。

やっといい感じに固まってきたものの、もう殆ど残っておりませんでした。み~~んな家族のお腹の中であります♪

オーブン使わないお菓子も夏にはいいものだわ~~と思ったのも束の間、今日、新しいオーブンを買っちゃいましたーーー 

今使っているオーブンを引き取ってもらうので、仕事がお休みな週末に届くように希望してみました。

記念すべき第1号は、何にしようかな~~~

 

今回参考にしたレシピ本

大好き!フルーツのお菓子―おいしさをギュッとつめこんで

大好き!フルーツのお菓子―おいしさをギュッとつめこんで

  • 作者: 脇 雅世
  • 出版社/メーカー: 大泉書店
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 大型本


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。